オーディションの内容について

声優のオーディションは複数の審査項目があります。まずは「書類審査」。オーディションごとに規定の用紙があるので、必要事項を記入して提出します。この記載内容を審査対象にする場合もあれば、単なる申込書として扱われる場合もあります。

次に、「サンプルボイス」です。自分の声をサンプルとして録音し、これを送付することで審査を受けます。オーディションによって制限時間が決められているため、その範囲内でいくつかの文章やセリフを吹き込みましょう。書類審査と同じく、1次審査として用いられるのが一般的です。ここで審査員の目に留まらなければ次のステップに進むことができないので、原稿は慎重に選んでください。

1次審査に通過したら、今度は「自己PR」です。たいていは1分ほどの短い時間の中で、自由に得意なことなどをアピールします。難しい部分ですが、個性をアピールするのは重要です。緊張して失敗してしまうことのないよう、準備は万全にして臨んでください。

自己PRと一緒に、「原稿読み」と呼ばれる演技審査もあります。指定された原稿をその場で読み上げて、演技力を見るための場です。演技に自信のある方は、ほかの応募者と差をつけるチャンスです。未経験の方でも、審査はそのことを考慮して行われますので、あきらめる必要はありません。

一通りの演技が終わったら「質疑応答」に入ります。審査員から思い思いの質問をされるため、丁寧に答えていきましょう。会話を楽しむつもりでリラックスするのが大切ですが、あくまで審査の一環なので油断しすぎずないよう注意してください。

最後に、プロダクションごとに独自のフリー審査が行われることがあります。特技の発表を求められたり、歌を歌ったり、さまざまです。事前に知らされない内容の指示があっても、慌てず精一杯行いましょう。